OUR EFFORTS安心・安全への取り組み

中山観光では、お客様の安全を第一に考え
創業以来無事故への取り組みを日々行なっています。

運輸安全マネジメント

EFFORTS01

運輸安全マネジメント

中山観光では、経営トップと安全統括管理者による内部監査を毎年行い、P(計画)・D(実行)・C(評価)・A(改善)サイクルを活用し、更なる安全性の向上に努めております。

平成30年度安全運転マネジメント(PDF)

貸切バス事業者安全性評価認定制度

EFFORTS02

貸切バス事業者安全性評価認定制度

貸切バスをご利用されるお客様が安心してバス会社を選択できるよう、「貸切バス事業者安全性評価認定制度」が設けられております。安全に対する取組状況が優良なバス会社であることを示すシンボルマークである「SAFETY BUS」(セーフティバス)は、安全に対して弛まぬ努力をし続けているバスを意味します。

安全管理規定(PDF)

貸切事業者バス安全性評価認定制度

全車両にデジタコ・ドラレコ導入

EFFORTS03

全車両にデジタコ・ドラレコ導入

デジタルタコグラフ・ドライブレコーダー・衛星通信を利用したGPS配車システムを全車両に導入しています。このシステムにより、車両の位置を迅速かつ正確に把握し、安全管理面の強化と乗務員の負荷軽減を図っております。また、事務所内よりドライブレコーダーの映像を取得することができ、トラブルの際にも状況を判断し、迅速な対応を取ることが出来ます。
本機器により収集したデータを安全対策・安全教育にも活用し、更なる安全な運行管理を行っております。

  • 全車両にデジタコ・ドラレコ導入
  • 全車両にデジタコ・ドラレコ導入
  • 全車両にデジタコ・ドラレコ導入
全車両にデジタコ連動アルコールチェッカー導入

EFFORTS04

全車両にデジタコ連動
アルコールチェッカー導入

出庫時・帰庫時の点呼は必ず運行管理者との対面で行っております。また、出張時の点呼においても、デジタコ連動アルコールチェッカーを使用し厳正な点呼を行っております。アルコールチェックのデータは瞬時に送信され、事務所内から確認することが出来ます。

最新鋭の新型車両の導入

EFFORTS05

最新鋭の新型車両の導入

中山観光では、安全性を高める取り組みとして、最先端の車両である「ASV(安全先進自動車)」の導入を進めております。また、「衝突被害軽減ブレーキ」「運転注意力モニター」「車間距離警報装置」「ディスチャージヘッドランプ」が装着されている新型の車両の導入を積極的に行っております。

□ASV(先進安全自動車)

「ASV(先進安全自動車」は、先進技術を利用してドライバーの安全運転を支援するシステムを搭載した自動車です。

□AMB(衝突被害軽減ブレーキ)

「AMB(衝突被害軽減ブレーキ)」は、走行中に高精度ミリ波レーダーで前車をはじめとする前方の障害物との車間距離を監視することで衝突を予測して警報します。また、衝突の可能性が高いと判断された場合は衝突被害を軽減するためにブレーキ制御で速度を低減する装置です。万一の衝突事故の被害を最小限に抑えます。
lvis表示部(表示例)

・AMBの作動イメージ
AMBの作動イメージ

□MDAS-III(運転注意力モニター)

「MDAS-III(運転注意力モニター)」は、室内に設置したカメラで認識した車両のふらつきや、ドライバーの修正操舵、ウィンカーをはじめとしたドライバーの運転操作を総合的に判断し、ドライバーの運転注意力の状態をモニターし必要に応じて警報します。ドライバーの走行パターンを学習し、注意力が低下していることを検知すると最適な注意力低下警報を発生します。また、はみ出し運転を警報する車線逸脱警報機能とも連動しています。注意力が低下した状態で車線をはみ出した際は、はみ出し側のスピーカーから警報音を発生することで、はみ出した方向がドライバーにわかりやすくするなど、運転を積極的にバックアップし予防安全性を高めます。
MDAS-III(運転注意力モニター)

・MDAS-IIIの作動イメージ
MDAS-IIIの作動イメージ

・MDAS-IIIシステム
MDAS-IIIシステム

□車間距離警報装置

「車間距離警報装置」は、走行中、高精度ミリ波レーダーが前車との車間距離を測定し、あらかじめセットした距離より近づいた場合は警報するとともに、緊急性に応じ2段階で警報音を鳴らし、適切な車間距離の保持を促します。
車間距離警報装置

AEDの設置

EFFORTS06

AEDの設置

もしもの時のために、AED設置車両を2台ご用意しております。

バス車両メンテナンス

EFFORTS07

バス車両メンテナンス

中山観光では、増車・車両入替の際には新車購入を原則としており、それにより一貫したメンテナンスを行っております。また、3ヵ月点検・12ヵ月点検においては、正規バスディーラーへ依頼し、確実な点検を行っております。

バス車両保険

EFFORTS08

バス車両保険

万が一の事故に備えて、全車両・対人対物無制限の車両保険に加入しております。

健康管理

EFFORTS09

健康管理

中山観光では、毎年9月に定期健康診断を行っております。また、再検査を受信した運転者には、医師からの運転に係る意見聴取を行っております。

PAGE TOP